サイトアイコン カニ通販

カニのギフト券…。

イベントの賞品・景品に「カニ」のギフト券をおすすめする理由を教えます。

一年の終わりや年の初めはお歳暮や、忘新年会とかでギフトや景品に決める局面が増加します。

一般的に選択項目にあがるアイテムのひとつに「カニ」があると言えますね。

日本海一円や北海道であるのなら、秋冬のシーズンにおける催しの賞品・景品でしたら松葉ガニや越前ガニ、毛ガニ・花咲ガニというようなご当地ブランドカニがお決まりですが、その他のエリアですらゆるぎない人気となっているのがカニの贈り物です。

年末年始の贈り物にカニが受けが良い理由は、

などが想定されます。

けれどドカ~ンと贈れば、相手方のタイミングに影響されてその結果迷惑に転じてしまうのがうまい料理系贈り物。

荷物に繋がる、保存場所(冷蔵庫・冷凍庫)が見当たらない、スピーディーに食さないとならない等々…。

多かれ少なかれ口からは「ありがとうございます、嬉しいなあ!」と言葉を発していても胸のうちの中ではわずらわしさがられているかも?

そうなってしまうといずれもやるせないと言えますね。

こちらの執筆でしたら、お歳暮・贈り物・コンペティションの景品やブライダルの二次会・忘年会・新年会の賞品などにカニを贈ったら面倒に繋がってしまう場合と、こういった相手方ならカニの商品券がおすすめですという実例を収集してあります。

贈り物にカニをやろうかどうか検討している人は、是非ともお役立てください。

予告なしで頂いても大変なことになる!?生カニ・ゆでカニ

 いきなりですが

カニを贈呈しようと思ったら、「カニ現物をそのままお渡しで」っていうのは少ないと言えるでしょう。

ほとんどの場合は活きの良い新鮮なカニや、茹でたばかりを凍らせたカニを、マーケットあるいはお取り寄せ専門店を通して宅配して頂き、先方には冷蔵あるいは冷凍便で届くことになります。

ではありますが、

と贈る局面がやっかいなのが普通です。

プレゼントする前に話し合いが必須である

お伝えしたいのはナマモノは、先方に黙ってプレゼントするのは厳しいものがあって、前もって「カニを届けたいんだけどいつ頃がOK?」とすり合わせをしておかなければなりません。

あっと驚く贈呈したくてもハードルが高いのがカニだと言っていいでしょう。

食べてもらえる日にちを聞く

活きているカニや、茹でたばかりのカニを保冷した状態でプレゼントするケースだと「到着した日に召し上がってもらう」のが原則であるため、召し上がってもらえる日を聞いておきます。

冷凍カニであれば、その前に冷蔵庫・冷凍庫に保管&解凍空間を用意しおいてもらい、何時贈ると適正か必ず聴くことです。

気の許せる関係だとしたら、お好みのカニのタイプ、作り方(焼きカニ、カニ鍋、カニしゃぶetc)を聞き入れて、あつらえ向きのカニを選びます。

こういった様に、「カニを贈ること」をアナウンスし「配送希望日」や「お好みのカニ」を教えてもらっていないとNGです。

確かに、自宅の親御さんや親類、お友だちなどという気を遣う必要のない関係からすれば良いのではないでしょうか。

直に教えてもらうのがどうにもできない関係・局面

まずいのは、違うケースですね。

1つの例として、クライアントで良くしてもらっている方がすごいカニ好きだと分かっているから、お歳暮やもてなしに伴うおみやげとしたい場合や、会社の常連さんに、いつものお礼ということで贈りたい、内祝いや引き出物、お返しの品ということで、たくさんの方にひっくるめて進呈したい、商店街の年末イベントの福引の景品に費やしたい、宴会や二次会、ビンゴゲームといったメインとなるイベントの賞品、ゴルフコンペの景品としたい、際立つよう贈り物パネルになればうれしい、贈り物包装を届けてきたカニをプレゼントしたいなどなど、直に教えてもらうのが難しい関係・ケースだと思いますがカニをプレゼントしたい時があります。

対面して受け取りたい、職業柄、いろんな人なんかには「カニ」のギフト券

訪問先でそのまま手渡したいケースや、クライアント様・お得意様、ひっくるめて大勢にプレゼントしたい場合ではカニ現物を贈るというのは問題が発生します。

けれど、カニを頂戴したらうれしい人は殆ど、贈って嬉しく思われるというのは言うに及びません。

その際に役に立つのが「カニ」のギフト券です。

ギフト券なら、有効期限内であるなら都合の良いようにお客様が好きな時にお好みのカニを選択してもらえるのです。

カタログギフトとカニのギフト券が異なるところは?

カタログギフトにも美味い料理ギフトとしてカニが特集されているものが販売されています。

けれども、カタログギフトは数多くの商品が紹介されているわけですから、カニは選べても1種類か2種類ほどでしょう。

情報源も見当がつかないので、旨いのか否かもはっきりしていません。

それに対し、カニお取寄せの専門店のギフト券であれば、カニのタイプがズワイガニ・タラバガニ・毛ガニやむき身と、希望しているものがチョイス可能です。

カタログギフトとは異なり、更なる費用をかけて違うカニや海の幸を加えることもできるのです。

※カニお取寄せ店は、どこにも負けないウニやアワビなど、旨いものをカニに限らず取り揃えています

いかなる時点で採択している?カニのギフト券の詳しい選択シーンは?

わかりやすく、カニを現物ではなくギフト券でプレゼントしたほうが良い流れをピックアップしていきましょう。

本人はさる事ながら、会社利用である場合にもバッチリですから、勤務の企業でギフトや賞品を決め兼ねている際にも考慮してみるのもいいと思います。

自分だけで「カニ」のギフト券を利用するといいのはこういう時

個人的には、お歳暮、お中元、お年賀、お土産だけじゃなくこのようなつかいみちに「カニのギフト券」がお勧めです。

法人・会社・店舗で「カニ」のギフト券を使うのはこういう時

さらには、法人・会社・店舗・商店に携わっている人にもカニのギフト券はバッチリです。

プレゼントするお客様が不特定多数あるいは、親しくない間柄ということがほとんどだからです。

どんな方でもお気に召していただける確実であるアイテムとしても「カニ」は安心できると思います。

年末年始のお歳暮、お年賀、忘年会、新年会だけじゃなく以下のような使用目的にカニのギフト券は相応しいです。

その上、コンペなどにおいては商品券と目録パネルがセットとなった商品も存在します。

モバイルバージョンを終了